◆バックナンバー第6号(まぐまぐ版)

――――――――――――――――――――――――――――――――――
【 車好きの自動車情報 】斜め39°から覗いてみよう!2005.11.13 6号
―――――――――――――――――――――― http://auto2000.cc/ ―

こんばんは! 拓海です。

今回は交通事故の予防について少し触れたいと思います。

主として最近ネットサーフィンしていて、参考になったページを
紹介します。

■ 交通事故を防ぐには

交通事故調査鑑定 槐鑑定事務所のコンテンツです。

交通事故の要因が解かり易くまとまっています。

  http://www.auhe.co.jp/kantei/jikobousi.html

その要因の中でも今回は心的要因に注目!

・思わぬ交通渋滞で大事な待ち合わせに遅れてしまいそうだ。

こんな時は
  └スピードの出し過ぎ!
  └前方の信号が赤になりそうなので急加速!
  └黄・赤信号を無視!
  └無理な車線変更!

などなど危険な運転になりがちです。

※他の要因も頭に入れておくとよいですね!

交通事故は一つの要因で起こるというよりも複数の要因が複雑に
絡み合って起きる可能性が大ですから。

■ 事故は何故起こったか

(財)日本交通安全教育普及協会のコンテンツです。

事故の概要→事故の原因→この事故から学ぶという構成で
事故を検証しています。

  http://www.jatras.or.jp/text/jtse13.html

全て読むには多少時間が必要かもしれないですが
事故の事例から得られることは沢山あると思います。

■ 高速道路を運転するためのポイント

SAFETY JAPAN 2005のコンテンツです。

警察庁交通局交通企画課高速道路管理室の田中哲氏への
インタビュー記事です。

  http://nikkeibp.jp/sj2005/interview/10/index.html

一通り目を通してみましょう!重要なポイントが幾つもあります。

・拓海的には、後部シートへ乗車する際にも必ずシートベルトを!

これは高速道路に限らず実行したいものです。

・もうひとつは、高速道路上でやむなく停車する場合の措置!

停止表示器材(停止表示板)の設置位置ですが、高速道路の場合
かなり後方へ設置しないと意味がありません!

拓海ならば、100m後方に発炎筒と三角停止板を設置します。

もしくは100m後方に三角停止板、もう少し後方に発炎筒。

※車の停止位置や道路状況に応じて臨機応変に対応しましょう。

■ チャイルドシート(子供の事故)

子供の事故予防データベースのコンテンツです。

 ◇チャイルドシートの薦め

  http://www.jfpa.or.jp/14-jiko/db/03-01.html

 ◇子供の交通事故

  http://www.jfpa.or.jp/14-jiko/db/01-07.html

交通事故以外の事故なども紹介されているので
色色とチェックしてみてはと思います。

■ 編集後記

先月のことなのですが、拓海は軽い接触事故を起こしてしまいました。

電柱に左側面をヒットさせてしまったんです (T-T)

幸い車が損傷しただけで大事には至りませんでしたが
電柱が人や自転車だったらと考えると……。

そんなこともあり、自己の安全意識の向上の意味も含めて
今回の記事を作成してみました。

--------------------------------------------------------------------
【 車好きの自動車情報 】斜め39°から覗いてみよう!

『発行者』車好きの自動車情報 管理人 拓海
『連絡先』magazine@auto2000.cc
『ウェブ』http://auto2000.cc/
--------------------------------------------------------------------

■ マガジン名
『車好きの自動車情報 』斜め39°から覗いてみよう!

■ 発行周期
不定期

■備考
メールマガジンの読者アドレスは発行者に非公開です。

■ 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。

自動車のサイトからピックアップ!

自動車の買取情報-200X

オンラインで車の買取を調べよう!簡易ネット査定も実施してます。

買い換える前に車の買取相場を調べよう!簡単ネット査定を利用して。沢山の価格を比較することです!

車の買い替えを検討するなら!

車好きの自動車情報[Home]まぐまぐより発行のメルマガバックナンバー第6号

Copyright:(C) 2008 車好きの自動車情報. All Rights Reserved.

車買取